唄用八本調子

2016年2月26日(金)

2016022601

お客様よりご注文の唄用八本調子が完成しました。

2016022602

ある程度音程の許容範囲が広い囃子用に比べて、唄用はかなり正確な音程でないと様々な楽器と気持ち良く合奏できません。
気温によってもかなり音程が変化しますし、吹き方の個人差でも多少変わってくるので難しい問題ですが、自分の演奏活動の中でこれくらいが一番使いやすいというピッチが分かってきたので、今回全面的に設計を見直し音程には自信を持てる八本調子が完成しました。

2016022603

デザインは本体が素竹と拭き漆、籐巻き部分の漆塗りも黒と赤の2種類で作ってみました。

2016022604

ご注文分より多少数に余裕がございますのでご興味のある方はぜひお試し下さい。

2016022605

藍空(らんくう)工房 
e-mail : mail@rankuu.com

 

篠笛の籐巻き作業

2016年1月8日(金)

2016010801

今回は篠笛の籐巻き作業をご紹介します。
仕上がった拭き漆仕上げの唄用八本調子に天地巻きを施します。

2016010802

まずは両端から籐が外れるのを防止するためにノコギリで切れ目を入れます。

2016010803

ノミと紙ヤスリで段差を作ります。

2016010804

その部分に籐を巻いていきます。

2016010805

歌口側の籐巻きが終わったところ。

2016010806

管尻側も同様の作業を施して完成。
この後必要に応じて管端や縁取りの漆塗り作業へと進みます。

篠笛の籐天地巻きは定番の仕上げ方法ですが、やはりデザイン的に完成されているような気がします。
近年、各種職人の減少により良質な籐の入手が難しくなりつつあるのが心配です。

 

謹賀新年! 竹掘りに行ってきました

2016年1月1日(金)

2016010101

正月休みを利用して尺八用の竹掘りに行ってきました。

2016010102

太さや節の長さ、曲がり具合など尺八に使える竹はめったにありません。
(プロの木地師さん曰く、売り物になるレベルは1日探しても平均2、3本だとか)
やっと見つけられたら根切りという道具で竹を根っこごと掘り出します。

2016010103

地中に伸びた地下茎から竹が生えるのですが、地中にあるこれを断ち切るのが一苦労。
無理をして抜こうとすると竹が根っこから裂けてしまうので注意が必要です。

2016010104

地上に飛び出した地下茎。
地上に伸びた竹を切っても、地下茎が生きている限りまた新しい竹が生えてくるので、竹の楽器は環境に優しい楽器だとも言えます。

2016010105

本日の収穫。
この中から1本でも名器が生まれることを願って。

2016010106

近くの川原で一休みしてから帰途へ。
今年もがんばって楽器作りに励みます!

 

新作ねぶた笛各種 2015

2015年11月9日

ねぶた笛各種が完成しましたのでご紹介させていただきます。

2015110901

まずは弘前用、塗り笛の金巻きは人気モデルです。

2015110902

続いて青森用、落ち着いた雰囲気の拭き漆・籐巻きのデザインを好まれる方も多くいらっしゃいます。

2015110903

こちらも青森用ですがやや音程高めのモデル。
近年だんだんと音程が高めの笛を使用する団体が増えてきたのでそれに合わせたものです。
(弘前も青森も、時代の流れと共にだんだん笛の音程が高くなってきているようです。オーケストラの基準ピッチについても同様の話がありますが、何でも周りより僅かに高いピッチはその楽器を目立たせたり、華やかに感じさせる効果があるとのこと。ねぶたも、団体ごとに競い合っているうちに、どんどんと笛の音程が上がってきてしまったのではないかと憶測していますが、真実はどうなのでしょう。)

音程の目安ですが、一番下の指孔を開けた音(唄用篠笛でのドの音)がBに近いものを標準モデル、BとCのちょうど中間ぐらいのものを音程高めモデルとしています。
(チューナーやスマホのチューナーアプリでご確認いただけます。)

藍空(らんくう)銘のねぶた笛は全て弘前の竹心房様でお取り扱いいただいておりますので、その鳴りの良さと仕上げの美しさをぜひ手にとってお試しいただければ幸いです。
→竹心房様はこちら

 

保土ヶ谷キャンドルナイト2015

2015年8月29日(土)

2015082901

昨年に引き続き今年も保土ヶ谷キャンドルナイトに参加させていただきました。

2015082902

緑豊かな公園中がキャンドルとイルミネーションに彩られとても良い雰囲気。

2015082903

まずはお面行列にて公園内を練り歩き。
怪しげな雰囲気に泣き出す子供もいてごめんなさいでした(笑)。

2015082905

2015082906

2015082907

2015082908

2015082909

2015082904

和太鼓・ディジュリドゥ・ベースによるバンド”鼎(てい)”と
笛奏者のことさん、ダンサーの前田新奈さん、そして自分が加わっての編成、
霧雨が時おり降る中、幻想的なステージとなりました。

2015082910

All photos by 岡部俊雪 http://ci-films.com/event-photo/

 

益子夜市 2015

2015年8月8日(土)

2015080801

昨年に引き続き益子夜市にて演奏してきました。

2015080802

今年の夏は記録的な猛暑続きで暑さが心配されましたが
この日は夕方から多少涼しくなってちょうどいい感じ、
人手も去年より多く感じられました。

2015080803

いつもの定位置「しのはら」店頭にて演奏。
出店がたくさん出ているので、そこで仕入れたものを食べながら飲みながら
皆さんにリラックスして聞いていただけたのではないでしょうか。

2015080804

子供たちが飛び入りし「となりのトトロ」を歌ってくれる微笑ましい一幕も。

今年も楽しい益子夜市を味わうことができました。

 

拭き漆のねぶた笛 2015

2015年8月5日(水)

2015080501

拭き漆仕上げのねぶた笛を作ってみました。
自然の風合いと手仕事の美しさが調和しているように感じられる
個人的には一番好きな仕上げです。

上2本が青森タイプ、下2本が弘前タイプ、
弘前の竹心房様で販売させて頂きますので
機会のある方はお試しいただければ幸いです。
→竹心房様はこちら

2015080502

2015080503

 

いのちてんでんこ in 鎌倉

2015年6月1、2日

2015060101

震災をテーマにしたミュージカル「いのちてんでんこ」の公演に参加してきました。
今まで学校公演が主だったのですが、今回は鎌倉芸術館にて初の一般公演!

2015060100

過去に津波の被害に遭った歴史もあり防災意識の高い鎌倉市、
また震災後に市の職員が被災地に応援に行かれていたご縁などから今回の公演が実現しました。

今後もいろいろと公演できる場が広がっていったら嬉しいです。

 

弘前ねぷた笛 2015

2015年5月19日

2015051106

弘前ねぷた笛が完成しました!

2015051101

籐天地巻きモデル

2015051104

黒塗り・赤塗りモデル

2015051103

赤塗り天地金糸巻きモデル

2015051102

黒塗り天地金糸巻きモデル

2015051105

黒塗り天地金糸総巻きモデル

弘前の竹心房様で販売させていただきますので
仕上げの美しさと鳴りの良さをぜひ手にとってお試し下さい。
→竹心房様はこちら

 

益子春の陶器市2015

2015年5月1~5日

2015050501

益子春の陶器市に恒例となった路上ライブ&笛売りに行ってきました。

2015050503

毎日晴天だったのは良いのですが、まるで夏のような暑さ。
熱中症気味になりながらの演奏でした。

2015050502

昨年作った「つちのこ」のCDもおかげさまで完売しました。
陶器市終了後にfacebookやハガキで好評のお言葉をいただけたり、
みなさんと触れ合いながら演奏できるのが陶器市の魅力です。

つちのこCD第2弾を今年中に制作予定、
みなさんに気に入ってもらえるような作品を目指してがんばります。