篠笛の籐巻き作業

2016年1月8日(金)

2016010801

今回は篠笛の籐巻き作業をご紹介します。
仕上がった拭き漆仕上げの唄用八本調子に天地巻きを施します。

2016010802

まずは両端から籐が外れるのを防止するためにノコギリで切れ目を入れます。

2016010803

ノミと紙ヤスリで段差を作ります。

2016010804

その部分に籐を巻いていきます。

2016010805

歌口側の籐巻きが終わったところ。

2016010806

管尻側も同様の作業を施して完成。
この後必要に応じて管端や縁取りの漆塗り作業へと進みます。

篠笛の籐天地巻きは定番の仕上げ方法ですが、やはりデザイン的に完成されているような気がします。
近年、各種職人の減少により良質な籐の入手が難しくなりつつあるのが心配です。