三陸国際芸術祭

2014年8月23日(土)

2014082308

岩手県大船渡市で行われた三陸国際芸術祭に出演してきました。
震災で甚大な被害を被った三陸地方ですが、
人々の精神的支えとなってきた伝統芸能の力で地域を復興させると共に、
その魅力を全国や海外へも発信しようというお祭りでした。
→三陸国際芸術祭

2014082302

三陸地方の伝統芸能”鹿踊(ししおどり)”の行列。
まるで戦国時代にタイムスリップしたかのような迫力、
夜のメインステージでの総勢70名による演舞は圧巻でした!

2014082303

もう一つの伝統芸能”虎舞(とらまい)”。
こちらも地を這うようなダイナミックな動きとスピード感が魅力的でした。
そして鹿踊は太鼓のみの伴奏なのに対してこちらは笛も加わったお囃子。
各団体毎に違う笛の旋律がカッコ良かった!

2014082304

そして”国際”芸術祭として海外から招待された韓国の農楽。
このような音楽のジャンル自体初めて知りましたが
旋律を受け持つ韓国版チャルメラの”テピョンソ”(写真右端)が
哀愁があり、かつ力強い音色でしびれました!
自分も演奏したいと思ってしまうほどの魅力で
思わずネットで入手可能かどうか調べてしまいました(笑)。
(入手可能なのですが意外と高価なので迷い中(笑))

2014082305

もう一つの海外招待組であるバリ舞踊。
ガムランの演奏と独特の踊りで異次元の世界に引き込まれました。
子供たちが観たらきっと夢でうなされそうなくらいのトリップ感でした!(笑)

2014082306

そして自分が出演したのは”サイトスペシフィックダンス”という一般公募部門。
気仙沼バレエソサエティの子供たちと一緒に出演してきました。
会場となった碁石海岸キャンプ場の一角が舞台だったのですが
自然の中で元気に踊る子供たちの子鹿さんがとっても可愛かったです♪

2014082307

楽隊チームで記念撮影。
今回は三陸地方の豊かな自然の中
地元の伝統芸能や海外の芸能を鑑賞でき
可愛い子供たちとも一緒に舞台に立てて
楽しい夏の思い出となりました♪