三ッ岩岳と会津駒ヶ岳

2014年4月12・13日

2014041202

友人と一緒にまだ雪深い南会津の山に登ってきました。
まずは登山口から谷沿いの道を歩きます。
至る所雪崩の跡だらけで、注意しながら歩を進めます。

2014041203

谷沿いの道から尾根道への合流を目指します。
ほとんど踏み跡がない状態だったので深い雪の中を歩くのが大変でした。

2014041204

やっと尾根に辿り着くと素晴らしい眺めが!
見渡す限りの山また山!
平家の落人伝説が残るふもとの檜枝岐(ひのえまた)村ですが
一説には日本一山奥の集落だとも。
納得してしまう眺めです。

2014041206

三ッ岩岳山頂手前で初日はテント泊。
雪山でのテント泊は初チャレンジだったのですが寒かった~(!)。
でも寒さと強風の中でのテント設営・撤収、
食事や睡眠など良い経験になりました。

2014041301

二日目の朝、雪に埋もれた避難小屋を発見(!)。
実は可能ならこの小屋に宿泊するつもりだったのですが昨日は発見できず。
発見出来たとしてもこの埋もれようでは宿泊できなかったでしょうが。
テント泊の準備をしてきて正解でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみにこちらが夏に撮影された避難小屋です。
この写真から推測すると4mくらい雪が積もっているでしょうか。
さすが豪雪地帯です。

2014041308

三ッ岩岳山頂(2065m)に到着。
雪に埋もれて標識はないし
なだらかなピークなのでかなり地味な山頂でしたが
360度、山しか見えない眺めは圧巻でした!

2014041304

そして三ッ岩岳から稜線伝いに会津駒ヶ岳を目指します。
実はこのルート、本当は登山道がない場所なのですが
藪が雪で埋まる積雪期にだけ歩けるありがたいルート。
他の登山者は全くなし、最高の天気と眺めを
貸し切り状態で楽しむことができました。

2014041305

稜線を歩くこと約3時間、会津駒ヶ岳山頂(2133m)に到着。
こちらは百名山だけあって、登山客や山スキー客で賑わっていました。
この後は一気に下山して、ふもとの温泉に入ってから無事に帰宅しました。

2014041306

下山した場所から車を停めた場所まで歩く途中にカモシカに遭遇(!)。
最後の最後にちょっと嬉しいハプニングでした♪