旭滝と龍源寺跡

2017年2月21日(火)

長年の夢だった
本曲「瀧落(たきおち)」の発祥地と言われる旭滝と
伊豆に唯一だった虚無僧寺龍源寺(ろうげんじ)跡を
ついに訪問することができました。

伊豆修善寺の大平(おおだいら)神社に車を停めて歩きます。

新しく看板が設置されていました。

きれいに整備された歩道をあるいてすぐ奥に滝があります。

滝の手前には平成5年に修善寺町や
虚無僧研究会等によって建てられた石碑があります。

写真を見たことはありましたが
想像していたより大きくて立派な石碑でした。

旭滝の案内板も新しくなっていました。

まるで人工で造られたかのような不思議な滝、
火山岩の「柱状節理」という作用により
このような姿になっているとのこと。

旭滝に向かって「瀧落」を吹けて感無量でした。

(ちなみに瀧落は千葉一月寺や浜松普大寺より
伝えられたものでここで作曲されたのではない
という説もありますが、まあ正解は謎ですし、
ロマンチックな方を信じたいと思います。
実際に吹いた感じでは旭滝の姿を表している
と思えるフレーズもありました。)

滝の脇には龍源寺虚無僧の墓が残っています。

風化が進みそのうち完全に判読不明になる前に
「普化宗史」と照らし合わせて確認しました。

右側より4世 春山牧水座元、8世 法山志定和尚、
6世 一水芝丈座元、5世 麟翁道麟上座、
開山 廬山一風和尚、?世 廬山不風和尚?
2世 日岩不問座元 の7基でした。

3世 法林印気上座、7世 大光百休和尚
?世 雄山英義 の墓碑は確認できませんでした。

(富森虚山著「瀧落」の中の記述と異なる部分も
ありますが、不明瞭なため分かりませんでした。)

尺八吹きの大先輩へ「調子」を献奏しました。

墓の隣には、石垣が残っています。
ここに龍源寺があったのか、それとも案内板には
本尊を祀った観音堂跡との記述があるので
龍源寺そのものは別の場所にあったのか・・・。

明治5年に龍源寺は廃寺となりましたが
本尊2体は数百m離れた金龍院に移され
現在まで伝わっています。

ちなみにこの金龍院は、
一節切の名手として有名な北条幻庵開基とのこと。

運良く金龍院ご住職がいらっしゃり
龍源寺本尊2体を拝観することができました。

予想以上に大きく荘厳なもので
いにしえの龍源寺の活気に溢れた様子が
匂ってくるようでした。

 

地無し2尺3寸管

2017年2月5日(日)

地無し2尺3寸管が完成しました。
今まで自分で掘った中で最も美しい竹材でしたが
この度ついに旅立つこととなり記念撮影。

せっかくのレアな竹材なので籐巻きで一部装飾を施しました。

飾り籐巻き。
とても手間のかかる仕様ですが工芸的な美しさが目を引きます。

お客様の元に旅立ち、大事にしてもらえるよう願っています。

 

目黒比翼塚

2016年12月14日

虚無僧にまつわる史跡として目黒不動前に残る
比翼塚(心中した男女を弔った塚)を訪ねてきました。

-------------------------------

鳥取藩士平井権八(1655~1679)は父が同僚に侮辱されたのを恨み、殺害して江戸に逃亡。
吉原の遊女小紫と親しくなるも金に困り辻斬り強盗を重ね130人以上を殺害。
目黒の虚無僧寺東昌寺に逃げ込み虚無僧となる。
親にひと目会いたいと虚無僧行脚で鳥取を訪れるも両親は既に他界していた。
観念した権八は江戸に戻り自首、鈴ヶ森で処刑される。
遺体は東昌寺に引き取られたが、遊女小紫はそこで後追い心中する。
権八25歳、小紫21歳、二人の悲恋を哀れみ比翼塚が建てられた。

-------------------------------

この事件が歌舞伎に取り入れられ白井権八という役柄になったとのこと。
虚無僧寺東昌寺は現在比翼塚がある場所から西に200m程のところにあったとのことです。

 

普済寺跡

2016年6月26日

2016062601

たまたま三重県を訪れる機会があり、鈴鹿市にある鈴法山普済寺跡を訪ねました。
まずは虚無僧の墓がある場所、鈴鹿市岸岡町にある(株)フジクラの南西角あたりです。
元あった場所から企業の用地買収の際ここへ移されたとのこと。

2016062602

三基あり中央が普済寺虚無僧合葬の墓。
手前の二基は不明です。

2016062604

正面に「合葬之墓」裏面には「弘化四年丁未七月 看主慙改建之」とあります。
安政5年(1858)9月21日没の慙改止善居士が弘化4年(1847)に建てたもののようです。

2016062603

合葬の墓右側面には「明治八乙亥歳十二月廿四日 普済晋堂信士」
と普済寺最後の看主の墓碑が彫り加えられています。
明治6年の普済寺廃寺後、他県へ移られた普済家のご子孫が
今でもお盆の時期にお墓参りにいらっしゃっているとのことです。

2016062605

墓より数百m南のこのあたりに普済寺があったようです。

2016062606

2016062607

2016062608

普済寺廃寺後に跡地を買い取り、戦時中は旅館を営んでいたという
ご一族の現当主K氏にお話を伺うことができました。
先代からの言い伝えとして上記写真の石垣、石材等が
普済寺の遺物ではないかとのことです。

2016062609

もう一つ、平成26年に発行された「玉垣郷土史」の中に
鈴鹿市白子龍源寺に普済寺虚無僧の墓があるとの記述を発見(!)
普化宗史(高橋空山著)にも名前が載っている「淵宝暫計首座」の墓です。

2016062610

確認に行きましたが近年の墓地整理により行方不明に・・・。
たぶんこの寄せ墓の中にあると思うのですが確認できませんでした。

普済寺伝とされる「手向」は好きな曲なので
今回の訪問はとても感慨深いものとなりました。

(甲州乙黒明暗寺伝とされている「鑁字(ばんじ)」を
後年自身の作曲だと白状したり、
高橋空山一人から出ている説は信憑性に欠ける場合があります。
「手向」を普済寺伝だと広めたのは高橋空山のような・・・。
そう言われてみると高橋空山のメロディーセンスが匂うような・・・。
高橋空山作曲だとしても名曲だと個人的には思いますが
普済寺伝と思って吹いた方が虚無僧のロマンに浸れるので
そこら辺はあまり突っ込まないことにします(笑))

追記
鈴鹿市在住の方より教えてもらった話。
普済寺のあった岸岡町は紀州藩の鷹狩場で
普済寺はその密猟を取り締まる役目を与えられていたとか。
箱根以西には数の少ない虚無僧寺ですが
何で鈴鹿にポツンとあったのか謎でしたが、
そういう理由があったのだとしたら納得。
虚無僧と徳川家の繋がりを暗示する内容としても興味深い説です。

 

益子軒下マルシェ

2016年5月29日(日)

2016052901

今年から始まった新しいイベント、益子「軒下マルシェ」にて
尺八&ピアノユニット「つちのこ」で演奏させていただきました。

2016052902

ハンドクラフトや食品関係など十数店が出店、天気は最高でしたが、
新しいイベントで認知度がまだ高くないせいなのか、たまたま日が悪かったのか、
お客さんの数がやや少なめだったのが残念といえば残念だったでしょうか。

でも知り合いのお客様がわざわざ聴きにきてくれたり、
ライブの方は充実して楽しい1日となりました。

2016052903

 

益子春の陶器市 2016

2016年5月4日

2016050401

恒例の益子春の陶器市にて演奏と笛販売に行ってきました。
今年も大勢のお客様で賑わい、たくさんの出会いがあったり
楽しいゴールデンウィークとなりました。

栃木県益子町を拠点に活動中 
尺八&ピアノユニット「つちのこ」
→Facebookページはこちら

 

虚無僧研究会総会 2016

2016年4月29日

2016042901

虚無僧研究会の総会に出席してきました。

2016042902

今年の講演は長谷川佳澄女史による「近江国における虚無僧取り締まり」。
琵琶湖周辺における京都明暗寺と浜松普大寺の縄張り争いについて
古文書から読み解ける実態を解説していただきました。
いろいろと謎の多い虚無僧という存在ですが、村とのやりとりの文章から
リアルな人物像が浮かび上がってくるようでとても興味深い内容でした。

2016042903

2016042904

2016042905

別室では浜松普大寺に関する資料展が催されました。
同寺に関する古文書や現在の跡地の様子など豊富な資料が展示され
会員の皆さんが熱心に見入っていました。

 

ミニ篠笛作り

2016年3月19日(土)

20160319

毎年ゴールデンウィークに催される益子春の陶器市での演奏と笛売り、
いつも間近に迫ってから慌てて商品の製作をしていたのですが、
今年は少し早めに準備を始めました。

まずは一番時間と手間のかかる漆仕上げのミニ篠笛、
昨日皮むきと下作りを終えた笛にこれから拭き漆を施していきます。

漆を塗っては拭き取りを何度も繰り返して色と艶を出していく拭き漆の技法。
手間はかかりますが見事な美しさに仕上がっていくので楽しい行程です。

 

唄用八本調子

2016年2月26日(金)

2016022601

お客様よりご注文の唄用八本調子が完成しました。

2016022602

ある程度音程の許容範囲が広い囃子用に比べて、唄用はかなり正確な音程でないと様々な楽器と気持ち良く合奏できません。
気温によってもかなり音程が変化しますし、吹き方の個人差でも多少変わってくるので難しい問題ですが、自分の演奏活動の中でこれくらいが一番使いやすいというピッチが分かってきたので、今回全面的に設計を見直し音程には自信を持てる八本調子が完成しました。

2016022603

デザインは本体が素竹と拭き漆、籐巻き部分の漆塗りも黒と赤の2種類で作ってみました。

2016022604

ご注文分より多少数に余裕がございますのでご興味のある方はぜひお試し下さい。

2016022605

藍空(らんくう)工房 
e-mail : mail@rankuu.com

 

篠笛の籐巻き作業

2016年1月8日(金)

2016010801

今回は篠笛の籐巻き作業をご紹介します。
仕上がった拭き漆仕上げの唄用八本調子に天地巻きを施します。

2016010802

まずは両端から籐が外れるのを防止するためにノコギリで切れ目を入れます。

2016010803

ノミと紙ヤスリで段差を作ります。

2016010804

その部分に籐を巻いていきます。

2016010805

歌口側の籐巻きが終わったところ。

2016010806

管尻側も同様の作業を施して完成。
この後必要に応じて管端や縁取りの漆塗り作業へと進みます。

篠笛の籐天地巻きは定番の仕上げ方法ですが、やはりデザイン的に完成されているような気がします。
近年、各種職人の減少により良質な籐の入手が難しくなりつつあるのが心配です。